いづも財団叢書4『出雲大社門前町の発展と住人の生活』発売


新しい視点からの研究成果が満載

出雲大社門前町の
イメージが変わる!

 
門前町杵築は、宗教都市であるとともに、山陰地域有数の商業都市であった。
中世から近世、そして近代へと、時代とともに変化していく町の姿や
そこで逞しく生きる住人の姿を活き活きと描く!




本書は、平成27年度に開催したいづも財団第Ⅲ期公開講座の内容をまとめたものである。
掲載されている論考は、講師の方々が公開講座で行った講演内容に、
その後の知見も付け加えて新たに執筆されている。

出雲大社門前町に関する本格的な研究が始まったのは約30年ほど前からで、
いまだ「謎」とされている部分も多く、「謎」の解明が新たな「謎」を呼んでいる。
これから研究を目指す人にとっては大きな手がかりになっている1冊だ。

















書名:いづも財団叢書4 出雲大社門前町の発展と住人の生活
編集:公益財団法人いづも財団・出雲大社御遷宮奉賛会
発売:今井出版
定価:1,500円+税
ISBN:978-4-86611-103-2
2018.01


http://www1.imaibooks.co.jp/ec/



 amazonで購入







いづも財団叢書シリーズ 好評発売中!                   

1 出雲大社の造営遷宮と地域社会[上]
御遷宮の本義は何か?
出雲大社はなぜ高層建築であらねばならなかったか?
「いづも財団」公開講座、待望の書籍化!


 









定価:1,500円(税抜)
ISBN:978-4-906794-52-2
2014年4月30日wed


http://www1.imaibooks.co.jp/ec/



http://books.rakuten.co.jp/rb/14356425/
 amazonで購入




----------------------------------------

2 出雲大社の造営遷宮と地域社会[下]
我が国で最初に神仏分離を果たした謎、
伊勢神宮と並び称されるほど社格が向上した謎、
その名が全国津々浦々に知られるようになった謎…












定価:1,500円(税別)
ISBN:978-4-906794-86-7
2015年5月20日 Wed


http://www1.imaibooks.co.jp/ec/


http://books.rakuten.co.jp/rb/14356425/
 amazonで購入




----------------------------------------

3 出雲びとの信仰と祭祀・民俗・芸能
出雲の古代祭祀/出雲大社の祭祀
神在月と神在祭/大国さまと縁結び信仰
出雲神楽と石見神楽/島根半島四十二浦巡り......

 










書名:いづも財団叢書3 出雲びとの信仰と祭祀・民俗・芸能
編集:公益財団法人いづも財団
出雲大社御遷宮奉賛会
発売:今井出版
定価:1,600円+税
ISBN:978-4-86611-032-5
2016.07.15.fri


http://www1.imaibooks.co.jp/ec/


 amazonで購入